テニス上達法

クルム伊達公子の活躍と存在。

クルム伊達公子は1970年生まれ、京都出身の日本を代表する日本女子テニス選手です。
日本女子テニス選手では、史上初の世界ランキングトップ10入りを果たした、素晴らしい選手です。

6歳のときからテニスを始め、1989年高校卒業後、プロに転向します。
1995年には自己最高の世界ランキング4位を記録します。
その後1996年に現役引退を表明。

クルム伊達公子の存在は日本にみならす世界にも大きな影響を与え、輝かしい成績をおさめたといえるでしょう。
当時のクルム伊達公子は、「ライジング・ショット」の名手といわれ、世界的にもその実力は認められていました。

引退後2001年、ドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルムと結婚し、伊達公子から現在の「クルム伊達公子」という名前になります。

その後2008年、現役復帰を宣言。
「世界と戦うためではなく、若い選手へ刺激を与えるため」という思いのもとに、現在も活躍し続けています。

クルム伊達公子存在が日本のテニス界を大きく引っ張ってきたといっても過言ではないでしょう。

 

クルム伊達公子のコーチが・・・

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:クルム伊達公子

このページの先頭へ