テニス上達法

テニスプレーヤーは何故、バックハンドを片手で打つのか?

バックハンドを片手で打つテニスプレーヤーは非常に多い。
何故、バックハンドを片手で打つプレーヤーが多いのだろうか?
その理由のひとつに体を自由に動かしやすいという点が大きい。
スライスやボレーなど応用をきかせることができ臨機応変に対応できるのもバックハンドを片手で打つプレーヤーが多い理由ではないかと思われる。
しかし、軸足がしっかりしていないとミスをしやすいという側面を持っているので軸足がしっかり地面についていることが前提であると同時にテニスの基本でもある。

こうした様々な理由でバックハンドを片手で打つプレーヤーが多いのだが、中には部活やテニススクールの指導によりバックハンドの片手打ちが当たり前となったプレーヤーも少なからず存在する。
片手打ちにせよ両手打ちにせよ、やはり個々のテニス経験や癖などが左右することが伺える。
また、ある統計によるとグランドスラム大会優勝者の半数近くが片手バックハンドのプレーヤーであり、優勝経験者も片手バックハンドのプレーヤーが多いという結果がある。
統計の結果だけを見て片手バックハンドが優位なのかと言えば、そうではない。
やはり個々のテニス経験や指導による影響、個々の相性なのである。

結論を言えば個人の感覚なのではないだろうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:バックハンド

このページの先頭へ