テニス上達法

クルム伊達公子の現役復帰。

2008年に現役復帰は果たしたクルム伊達公子は、その年齢も感じさせないほどのパワーで好成績を挙げてきました。
復帰宣言をしたときの年齢は37歳です。

復帰戦となったカンガルーカップ国際女子オープンでは、3戦全勝で予選を突破し、そして決勝へと進みます。
惜しくも準優勝となりますが、素晴らしい復帰戦だったといえるでしょう。

同年、東京有明国際女子オープンシングルスで復帰後初優勝を果たします。

その後も全日本テニス選手権をはじめ、国際大会においても優勝はたしています。

こうしてクルム伊達公子は、現在も多くの試合に出場し、輝かしい活躍を続けています。
まるで年齢を感じさせない、そのスタミナとパワーは、多くのテニス選手に刺激と影響を与えているのではないでしょうか。

そして、これからの日本のテニス選手たちは、クルム伊達公子の活躍を見てなにを感じ、なにを学び取るのか・・・。
クルム伊達公子脅威の肉体と精神力の中から、多くのものを学びとって、今後の日本のテニス界を担っていってほしいと思います。

 

クルム伊達公子の元コーチが・・・

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:クルム伊達公子

このページの先頭へ