テニス上達法

テニスのサーブトスを成功させるには?

テニスのサーブトスを何度やっても失敗するなどスランプに陥る方もいらっしゃることだろう。
さて、テニスのサーブトスの失敗が続く原因はどこにあるのだろうか?
テニスのサーブトスの失敗の原因を切り分けてみると次のような事例がある。

1.手首を使ってサーブトスをしている為。
2.指先でボールを引っ掛けてしまっている為
3.肘を曲げ、肘の返しでサーブトスを上げようとしている
4.手がちゃんと上まで上がっていない

例えば「2」の場合は、ボールを指先で持つことがテニスのサーブトスの失敗の原因のひとつであるが、中指の付け根にボールを乗せ、親指と小指に挟むようにボールを押し上げリリースポイントを遅くしてトスアップすることで改善が期待できる。
また、プロのテニスプレーヤーが行っている方法だが、構える際に左手のボールとラケットを着けて持ち、上体を打球方向に背中を向けるようにターンし、丹前の前からボールとラケットを離してトスアップを左前に打球方向に上げるという方法もある。

以上のように原因の切り分けをしていけばサーブトスのミスが改善できるのではないだろうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:サーブ

このページの先頭へ