テニス上達法

テニスのサーブと一口に言っても様々な種類がある

テニスに於けるサーブには様々な種類のサーブがある。
テニスのサーブの種類を挙げていくだけでもフラット、スライス、リバース、ショルダーカット、アンダーカット、バックカットとテニスのサーブには数多くの種類があることがわかる。

様々な種類のテニスのサーブの中から代表して、「フラット」基本について解説したい。

フラットサーブとはまっすぐ当てるサーブの事を言い、フラットサーブの基本は、次のとおりである。
【1】トスと同時に膝を曲げ、重心を後ろ足にして体を後ろに反らす。
【2】打点の位置にくるあたりから徐々に膝を伸ばして体をおこす。体を起こす際に重心は後ろ足から前足に移るようにする。
【3】ボールを打つと同時に膝と体を伸ばし、その際に重心を前足に置く。
【4】ボールを打ったと同時にラケットは下まで一気に振り下ろす。
ポイントは膝を曲げると重心を動かしやすくなりサーブを打つと同時にボールに体重をかけることができるという点だ。
そして体を後ろに反らし、元に戻す力を利用してサーブを打つのである。
つまり腕の力でサーブを打つのではなく全身でサーブを打つことになる。

しかし、テニスのサーブの種類を数多くこなす前にまずはトスの基本をしっかりマスターすることから始めたいものである。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:サーブ

このページの先頭へ