テニス上達法

錦織圭の活躍

5歳からテニスを始め、2007年にプロ転向をしています。
2008年「デルレイビーチ国際選手権」では、当時世界ランキング12位の第1シードのジェームズ・ブレークと決勝で対戦。
見事にツアー初優勝を達成しました。
錦織圭の日本人男子選手のATPツアー制覇は、松岡修造以来16年ぶり2人目の快挙となりました。
実に、日本男子テニス界の新星があらわれたということになります。

2009年には、世界ランキングで自己最高となる56位を記録しています。

過去の日本の男子テニス界においては、松岡修造の活躍や貢献が誰もが知るところだと思いますが、
錦織圭は、その松岡修造の後を受け、日本の男子テニス界を引っ張っていける存在になっていくことでしょう。

どんどん実力をつけていく中で、世界の舞台での活躍もおおいに期待されるところだと思います。
テニスファンにとって錦織圭登場は、これらのテニス界を応援してく上で、とても刺激になり嬉しいのではないでしょうか。
これからの活躍が非常に楽しみです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:錦織圭

このページの先頭へ