テニス上達法

ダブルスの基本はセンターセオリー

テニスのダブルスでポイントを取る方法の一つに「ポーチ」がありますね。
ポーチは、簡単に言うと守備範囲を超えたボレーのこと。
守るボレーではなく攻撃的なボレーですね。

コートの端から端まで守備範囲だという人は少ないです。
前衛はポーチのチャンスをうかがいながらプレイします。
では、ポーチに出る時ってどんな時でしょうか?

そうです。
相手のセンターに深く入った時。

相手は角度がつけにくく、センター寄りに返球せざるを得なくなります。
すると、ぐっと守備範囲は狭くなり、ポーチを狙いやすくなります。

逆に言えば、相手のセンターに打つことでポーチチャンスを作ることができます。
これを「センターセオリー」といい、ダブルスの基本ですね。

ただし、相手にも前衛がいますからセンターばかり狙っていられません。
強いダブルスペアというとセンターの守りが固いですからね。

相手のバランスを崩しながらも、ここぞの時にセンターセオリーでポーチを狙っていくという戦略をパートナーとしっかりミーティングしておくことが勝つための秘訣です。

 

センターセオリーをより理解したいなら・・・

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ダブルス

このページの先頭へ