テニス上達法

世界最高レベルのナダル

ラファエル・ナダルは、スペイン出身の男子プロテニス選手です。
最近では、フェデラーと並び、ナダルとフェデラーどちらが史上最高か・・・という見方をするファンも多いのではなでしょうか。

ナダルは、2005年から2008年の全仏オープン男子シングルスで大会4連覇を達成、その後2008年に北京五輪の男子シングルスで金メダルを獲得しました。
そして2010年、男子7人目のキャリア・グランドスラムを達成しました
これは、キャリア・グランドスラム達成の最年少記録になります。

ナダルの場合、左利きということも最大の武器になることがあります。
フェデラーと対戦するときなどは、この左利きということが有効にはたらくといわれています。

またナダルはクレーコートを得意としていることでも有名です。

ナダルと聞いて、サッカー元スペイン代表DFのミゲル・アンヘル・ナダルを思い浮かべる人もいるのではなでしょうか。
彼はナダルの叔父にあたり、ナダル自身もサッカーをやっていたようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ラファエル・ナダル

このページの先頭へ