テニス上達法

ナダルの活躍

近年のナダルの活躍は素晴らしいものがあります。
ナダルは、2001年に15歳でプロ入りしました。

クレーコートを得意とするナダルは、2005年、クレーコートの大会でいくつか勝利を果たし、全仏オープンでの初出場・初優勝の快挙を成し遂げます。
このときナダルは19歳という若さでした。

2006年には、あのフェデラーに4連勝するなどの成績をおさめ、このときの全仏オープンでも決勝戦ではフェデラーに勝ち大会2連覇を達成しています。
そしてナダルはクレーコートでの連勝記録を「60連勝」に伸ばしました。

クレーコートが得意のナダルですが、2008年、イギリスのクイーンズ・クラブ選手権において芝生コートでの初優勝を果たします。
このことはナダルにとって大きな成果となったことでしょう。
そして、この年の北京五輪で男子シングルスの金メダルを獲得しています。

その後怪我などによる不調が続きましたが、2010年には、男子7人目のキャリア・グランドスラムを最年少で達成し、見事に復活を成し遂げました。

現在、世界ランキング1位の世界トッププレーヤーです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ラファエル・ナダル

このページの先頭へ