テニス上達法

テニス フォアハンドを打つグリップの種類

テニスにおいてグリップの種類は4種類あります。
イースタングリップ、コンチネンタルグリップ、セミウェスタングリップ、ウェスタングリップがあります。

現在、フォアハンドで使われるグリップは、セミウエスタンかウエスタンで握っている人が多いと思います。
中には、イースタンの人もいるかもしれません。

イースタングリップは、最も基本的な握り方で、ガットにてのひらを当てて、そのままグリップのところまで滑らせて握ります。

コンチネンタルグリップは、包丁を持つように握ります。
しかし現在は、あまりつかわれなくなってきているようです。

セミウエスタングリップは、イースタンとウェスタンの間くらいの握り方で、スピードとスピンを兼ねたフォアハンドを打ちたいという人にオススメです。

ウェスタングリップは、ラケット面を上向きにしてグリップを真上から握ります。
スピン重視なので、スピンをかけたフォアハンドを打ちたい人に適しているでしょう。

どのグリップにするかは個人差がありますが、現代のテニスでは一番多くのプレーヤーが、セミウェスタングリップでフォアハンドを打っているようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:フォアハンド

このページの先頭へ