テニス上達法

テニス フォアハンドでのスピンのポイント

フォアハンドでまず意識してほしいのが、トップスピンです。
トップスピンとは、ボールに順回転をかけることをいいます。
この順回転をしっかりかけることにより、ボールが下へ落ちるようになり安定したストロークになります。

フォアハンドのトップスピンで重要なことは、まずスピンをしっかりかけること。
打点をラケットで下から上にあげるような感じで打つとよいでしょう。
スイングを下から上へ向かっていくイメージに持っていって下さい。
体重移動や上体の回転なども重要なポイントになります。
手首を回して打つのは、パワーも少なく腕に負担がかかるので注意しましょう。
手首は固定することを心がけて下さい。

現在主流となっているグリップは、セミウェスタングリップですが、スピンのみ重視するのであればウェスタングリップのほうがいいでしょう。
スピンと強打の両方を重視したい場合は、セミウェスタングリップをおすすめします。

自分のプレースタイルに合う方法で、選ぶといいですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:フォアハンド

このページの先頭へ