テニス上達法

テニスにおけるボレーの基本は握り方にあり

「ボレー」とは大辞泉によると「テニスで、相手の打ったボールが地面に落ちる前に直接打ち返す打法」とある。

テニスにおけるボレーの基本としてラケットの握り方がよく挙げられるが、握り方はグリップを包丁を握るように持つことが基本であり、こうした握り方をテニス用語で「コンチネンタルグリップ」と呼ぶ。

「コンチネンタルグリップ」にする理由として、グリップを都度変えていてはボールを追うことができないからだという。
テニスに於けるボレーの基本的なグリップの握り方だが、前述では包丁を握るようにと述べたが、この他にもボレーの握り方にいくつかのポイントがある。

まず一つ目のポイントは軽く小指から順にグリップに握ることであり、力が入っていてはボールを追いにくく疲れてしまうからである。
二つ目のポイントは遠心力。
例えば、空手の突きだが、拳に力を込めて打っても打撃力はそれほどなく、かえって手首を傷めてしまうが、二の腕を軽く振るような感覚で打つと打撃力がアップする。

上記のような打撃は遠心力を利用したテクニックであり、ボレーも遠心力を利用した打撃と同じことである。
力が入らないよう気をつけるのがポイントではないだろうか。

この他にもラケットを引かないようにするという点もテニスに於けるボレーのポイントである。
よくありがちなのがストロークと同じ感覚でラケットをひいてしまう癖であり、ラケットを引く癖がついてしまうとボールを追いかけにくくなるので注意したい点である。

ラケットを引かないようにするにはラケットの位置を顔よりも前にし、ガット越しからのぞくような感じにするとよいとされている。
こうして見るとボレーの握り方の基本とはグリップの握り方と力を入れすぎない癖をつけることにあるのだろうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ボレー

このページの先頭へ