テニス上達法

テニスにおけるボレーの打ち方の基本

テニスにおけるボレーとは、相手のボールをバウンドさせずに返球するという技術であり、テニスのダブルスの試合の際に前面の位置にいるプレーヤーはボレーが得意とされている。
テニスにおけるボレーは、「フォアハンド」と「バックハンド」と打ち方がある。
「フォアハンド」とは、ラケットを持った手の側に来たボールを打つことであり、「バックハンド」とはラケットを持つ手の反対の側へきたボールを打つことである。

ボレーの打ち方の基本として、テニスの基本と同じく形を作る事が大事とされる。
コンチネンタルを意識することはもちろんであるが、ラケットを持つ腕をVの形にし、そのまま下側のフレームからスライドする感じでラケットを動かす事がボレーの打ち方の基本である。

さて、前述での述べたようにテニスにおけるボレーには「フォアハンド」と「バックハンド」という打ち方がある。
「フォアハンド」の打ち方についてだが、グリップを包丁を持つような感覚で持つのが基本であり、こうした持ち方をコンチネンタルグリップと呼ぶ。
そしてボールが飛んでくる方向を捉え、足だけを横にすると同時にラケットを軽く体の横あたりまで引く。
あまり引きすぎるとボールを逃す恐れがあるので注意が必要である。
次に「バックハンド」の打ち方だが、実は「フォアハンド」と大差はなく、やはり大事なのはコンチネンタルグリップである。
ひとつ違うのは体を斜め横にすると同時にラケットを引くという点である。
後は左足を軸にし、ボールの飛んでくる位置に合わせて体を横に向け打つと同時に右足を前に出すという打ち方は「フォアハンド」と同じである。

ボレーの打ち方をマスターするには膝を曲げる位置やグリップの持ち方を意識する事など体を慣らすことが大事なのではないだろうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ボレー

このページの先頭へ