テニス上達法

テニスにおけるボレーを上達させるコツ

テニスにおけるボレーが上達するコツはグリップの握り方にある。
グリップの持ち方にもコツがあり、テニスにおけるボレーの基本として包丁を持つ感覚で持つコンチネンタルグリップと言われているが、持ち方も親指と人差し指の付け根をグリップの六角形の平面部分に当たるように持つのがポイントである。
そしてグリップチェンジをしないよう注意することである。
ボレーが上達するコツのはじめの一歩はコンチネンタルグリップからである。
次にラケットを持つ位置だが、ボールが飛んでくる高さより少しだけ上になるようにするのがテニスにおけるボレー上達のコツであり、ボールを追う目線を養う事が必要となるのではないだろうか。
要はボールの飛んでくる高さに応じて臨機応変にラケットを持つ位置を変えられるように慣らすことである。
いつも同じラケットの位置では臨機応変に対応できずボレーが打てなくなってしまうのでご注意いただきたい。ボールを打つタイミングであるが、力を込めないことがボレーのコツであり、同時にテニスのコツでもある。
前に踏み込むことラケットを後ろに引かない事がボールを打つタイミングのコツである。
攻めるほど前面にということだろうか。
最後に腕を振るのではなく遠心力の要領でラケットを振ることであるが、ボレーに限らずテニス全般に言えることだろう。

何よりもボレーを上達させるコツは基本的な練習の積み重ねではないだろうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ボレー

このページの先頭へ