テニス上達法

テニスにおけるボレー練習法

テニスにおけるボレーの練習法はグリップの持ち方にある。
力を込めてラケットで打つのではなく手のひらでボールを打つ感覚で練習することが有効なボレーの練習法である。
ボールを打つ際に「フォアハンド」であれば45度、「バックハンド」であれば90度に体をむけ左肩を前面に出すと体は勝手に右を向き同時にラケットも右に引いていき、後は余分な動きは不要である。
足の位置もボレーが成功するポイントであり、「フォアハンド」であればストロークと同じく右足で軸をつくり左足を踏み込みボレーを打ち、ここで腰から踏み込むのがポイントである。
「バックハンド」の場合は左足を軸とするのがポイントである。
テニスにおけるボレーの練習法の注意点としてボールのタイミングを逃さない事とラケットを振らない事、そして力を込めないことという点に留意したほうがいいだろう。

テニスを始めたばかりの人にとってボレーは難しくて怖く映るのではないだろうか。
体の位置や足の軸のコツをつかむのがままならないばかりか、ネットの近くでボールを打つのだから難しくて怖いと思われるのは無理もない。
テニス初心者の方でボレーを練習される際には構えや体の位置を意識されるのはもちろんのこと、ボールを追いかける目線も大事な練習法のひとつである。
ボレーに限らずテニスの基本でもあるのだが、テニス初心者の方はなかなか目線を意識する事が大変なことだと思われる。
あれだけのスピードで飛んでくるボールを追いかけるのはなかなか大変なことであるが、ひたすら目で追いかけて慣れていくしかない。

最後になるがボレーの練習法はボールを追う目線と構え、グリップの持ち方からはじめてみてはどうだろうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ボレー

このページの先頭へ