テニス上達法

テニスの練習は目的に合わせて使い分けて

テニスの練習は、1つの練習メニューに対し大きく分けて3種類の練習を行います。

まずは、基本の技術を強化する練習。
球だしをし、フォームなどを体に覚えさせます。
何度も何度も繰り返し行います。
スクールや学校の部活の練習でも取り入れられる練習法ですね。

2つ目の練習は、実戦に近いボールで応用力をつける練習。
球だしではなく、ラリーで練習していきます。
意図した所にボールが飛んでくるわけですが、生きたボールで練習することで試合に慣れていきます。

3つ目の練習は、試合形式練習。
ポジションを確認しながら判断力を磨いていきます。
試合に慣れることもそうですが、自分のウィークポイントを知ったり、今まで気づかなかった得意手を知ったりと試合形式練習にはいろんな目的があります。

試合形式練習で苦手だと感じた所は、球だし練習に戻り技術強化していきます。
3つの練習を上手く取り入れることで、テニス上達に近づきます。

仲間がいないという人は、サークルなどに入ってみてはいかがでしょうか。
ラリー練習、試合形式練習ができる環境を是非作ってみてくださいね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:テニス練習法

このページの先頭へ