テニス上達法

テニスが上手くなりたい女子は内股に気をつけよう

テニスが上手くならないと悩む女子に多いのが、内股。
この「内股」というものは厄介で、意識的に克服していかないとなかなか上達へと繋がらないのです。

例えば、ストローク。
よく「腰を回せ」と言われますよね。
女子の多くが肩を使い上体を回し打とうとします。
その為、打った後ラケットを首に巻いてしまう女子も多いです。
傍から見れば、とても動きの小さいストロークになっています。
上体を回せば良いわけではなく、腰を使って打つことが重要なのです。

腰、つまり骨盤を回すことで自然と上体が回ります。
では、骨盤を回すにはどうすれば良いかというと、足先を外側に向けている方が関節の可動域が広がり回しやすくなります。
この時、内股になっていると腰が回らずストロークが上達しないのですね。

女子に多い内股は、棒立ちにもなりやすい傾向があります。
「膝を曲げろ」とよく注意される女子は、内股になっているのかもしれませんね。

次の動きに移りやすいよう踵を浮かせて構えますが、通常踵を浮かせて構えれば自然に膝は曲がります。
ですが、内股ですと膝が曲がりにくく、次への動作が鈍くなってしまっているのですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:テニス練習法

このページの先頭へ