テニス上達法

テニスにおけるバックハンドの打ち方の基本はバランスにあり

片手打ちによるバックハンドの打ち方だが、軸足を地面にしっかりつけることが打ち方の基本であり、軸足の力の入り方が偏っていてはチャンスを逃してしまいかねず、同時にテニスの基本でもある。
軸足の力の入り方が偏ると上体の動きに顕著にでてしまう。
例えば軸足の踵にばかり力が入ると上体が後ろに反れてしまいスピン過多の原因になってしまう。
逆に軸足が前にばかり力が入ると上体が前倒しとなりサイドスピンがかかるなどのミスをしやすくなる。
軸足のバランスが均等である事がテニスの基本でもありバックハンドの打ち方の基本ではないだろうか。

次に肩の入れ方である。
片手打ちの場合、ボールを打つ速度を上げるには肩の入れ方がバックハンドの打ち方の要となる。
例えば軸足を意識せず棒立ち状態になっていては肩を入れることができないばかりか腕にばかり力が入りミスをしかねない。
力を入れず遠心力を利用する事はバックハンドの打ち方以前にテニスの基本であるのは言う間でもない。
肩をしっかり入れることで体の反動を利用してボールを打つ速度を上げることができるのである。

最後にテイクバック、即ちスイングのポイントであるが、テイクバックを高くすることがバックハンドの打ち方のコツである。
高めのテイクバックに日頃から慣れておくことで様々な打点に対応できるようになり、テニスの試合などで断然有利となる。
もちろん軸がしっかり定まっていることが前提である。

結論は、軸が定まっている事がバックハンドの打ち方の基本でありコツなのではないだろうか。
バックハンドに限らずボレーなどテニスの技術においても軸が大切なのは言う間でもない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:バックハンド

このページの先頭へ