テニス上達法

ネット練習は試合をイメージしたリズムが大切

テニスの練習用にネットを購入する人は多いと思います。

持ち運びも楽で簡単に設置できるので、安全な広場でいつでもボレー練習が可能です。

コートを借りられない人には便利ですよね。

 

さて、ボレーの練習ですが、ネットの向こう側からトスを上げてもらいボレーするという人が多いと思います。

たくさんネット練習をして試合で役に立ったことはありますか?

練習通りにいかないことの方が多いと思います。

 

基礎も大事ですが、リズムも大事なのです。

テニスのネット練習では、リズムに意識し練習してみてください。

 

例えば、サーブを打ったあとにボールを出してもらってボレーに繋げるという練習です。

 

初心者さんの場合、ネット際で相手を追い込むというケースが極めて少ないため、ネット際での練習よりもサーブからのボレー練習の方が実用的なのです。

特にサービスで点を取れないという人は、ネット練習を頑張ってみましょう。

実際の試合をイメージしながら、流れを体に覚えさせましょうね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:テニス練習法

このページの先頭へ