テニス上達法

サーブを上達させたいならトス練習をしよう

テニスでサーブが苦手だと、かなり不利に感じますよね。

サーブを上達させたくて、たくさんサーブの練習をするけど、なかなか上達しない。

 

でも、上手くできる時ってたまにないですか?

 

サーブに悩む人の多くが、フォームはしっかりできています。

問題は「安定」なのですよね。

 

サーブを打つ時、トスを上げた後「やり直したい」と思ったことありませんか?

フォームが崩れるのも、タイミングがズレるのも、打ち損ねてしまうのは上手くトスを上げられないことにあります。

 

サーブを上達させたいと思っている人で、トス練習をしっかりしている人は少ないでしょう。

何となくトスを上げて、サーブ練習に精を出す。

これでは一向に上達しません。

 

とても地味でつまらない練習かもしれませんが、上手くなるにはトス練習を避けては通れません。

自宅ででもできる練習ですから、暇があれば練習してみましょう。

 

コツとしては、手首を返さないことと肘を曲げないこと。

トスは上へ投げるのではなく、空中に置いてくるような感覚です。

手を開くだけで、振り上げた腕によってトスは上がります。

トスの上達がサーブの上達に繋がります。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:サーブ

このページの先頭へ