テニス上達法

ストローク上達のコツは自分のスイングを知ること

テニスの基本とも言えるストロークが上手く打てない多くの原因が振り遅れです。

上達しようとアドバイスも求めればきっと、テイクバックが遅いと言われると思います。

 

早くテイクバックしようと心掛けても、なぜだか治らないテイクバックの遅れ。

何故、治らないのでしょうか?

 

思い返してみてください。

あなたはどんなタイミングでテイクバックしていますか?

実は、よくわからない人の方が多いですし、考えてテイクバックしている人はいません。

自然に体が動いてしまっているから、治らないのです。

 

一度、ストロークしているところを動画撮影して見てみましょう。

これなら、よーく自分がどのタイミングでテイクバックしているか分かります。

すると、今まで苦労していたことが嘘のようにテイクバックのタイミングが合うようになりますよ。

 

それでも振り遅れるなら、もしかしたらボールを迎えに行っているのかもしれませんね。

前に出てボールを迎えに行くと、インパクトがズレてしまいます。

ボールを待つストロークを心がけることで、ぐっと上達すると思いますよ。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:テニス上達

このページの先頭へ