テニス上達法

テニスのスピンサーブの練習方法

 

テニスのスピンサーブの練習方法について、ひとりで練習する方法とテニスコートに立ちテニスのスピンサーブを実践で練習する方法についてご紹介したい。

 

まずは、テニスのスピンサーブをひとりで練習する方法は次のとおりである。

【1】

ボールを真上にトス

【2】

ボールが落ちてきたあたりのタイミングで後頭部までラケットを擦り上げる。

以降、順回転ができるようになるまで同じ動作を繰り返す。

【3】

下から擦り上げるタイミングが掴めたら前に打ち出す動作にシフトする。

 

テニスコートに立ちテニスのスピンサーブの実践に入る際には次のように練習していこう。

【1】

ネットを越える事を意識する。

【2】

ネットを越える事ができれば次はエリアに入れる事を意識する

 

テニスのスピンサーブについてひとりで練習する場合とテニスコートに立ち実践で練習する場合と共通して言えることだが、テイクバックした際にラケットを下に向け、手の甲は外向きにしておくといいだろう。

すると、擦り上げる動作がスムーズにできるようになり体の捻った反動でパワーをつけることができるようになる。

間違っても手首を捻らないように気をつけよう。

 

以上の練習を繰り返す事でスピンサーブが少しずつ上達するのではないだろうか。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:サーブ

このページの先頭へ