テニス上達法

テニス初心者の方がサーブの失敗を克服できるコツ

テニスを始めたばかりのテニス初心者の方はサーブの基本はもちろんのこと、サーブのコツを掴む事でサーブの上達に差がでるのはもちろんの事、陥りがちな失敗を克服する事が可能となる。

さて、テニス初心者の方で陥りがちなサーブの失敗の最もな原因は実はトスにあると言われている。

トスを安定して上げられないが為に打点がずれてしまい、つまりサーブ失敗の原因はトスの上げ方に原因があるということになる。

テニス初心者の方で陥りがちなのが手首使ってトスを上げることであり、手首使ってトスを上げることがサーブ失敗の最もたる要因である。

トスを上げる際には肘をあまり曲げず肩を意識して円を描くように腕を振り上げるようにするのがサーブのコツである。

この他にもテニス初心者の方の為のサーブの失敗を克服できるコツは次のとおりである。

 

【トスの上げ方】

右斜め前に垂直に気持ち高めに上げ、身長の2倍くらいの高さをイメージする。

 

【目線】

ボールをしっかり見て且つ高い位置で打つ

 

【ラケットの面】

まっすぐにし、勢いよく振り落とす

 

【足の向き】

ボールを打ちたい方向に足をむける

 

以上が、サーブの失敗を克服できるコツである。

 

テニス初心者の方は以上のコツを掴み、やがてサーブが得意技になる日を目指して頑張ってほしい。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:サーブ テニス初心者

このページの先頭へ