テニス上達法

テニスの基本、フォアハンドの打ち方

フォアハンドというのはラケットを持っている側の腕を、後ろから前に振り打つという打ち方です。

テニスをする上では、基本中の基本といえます。

 

テニスの初心者の人は、最初はフォアハンドよりもバックハンドのほうが苦手ということをよく聞きますが、

だんだん上級者になってくると、フォアハンドのほうが苦手だという人が多くなってきます。

実際に、フォアハンドのほうが難しいと言われています。

 

テニスにおけるフォアハンドの打ち方で大切なことは、打つ準備を早めに行う。軸をしっかり保つ。フットワーク。姿勢。打点を捉える。

このようなことが重要になってくるでしょう。

 

特に初心者の人は、ボールが来たら先に打つ場所に走ってしまい、それからラケットを引いて打つ準備をする傾向にありますが、

これでは準備が遅すぎて、打ち返すことが出来なくなってしまします。

そのために大切なことが、打つ準備を早めに行うということです。

まず最初に、ラケットを引いて打つ準備をするということを心がけるようにしましょう。

 

基本的な打ち方を初めのうちからきちんとマスターすることで、変な癖もつかずにフォアハンドのフォームを身につけることが出来ます。

テニスの基本といわれるフォアハンドの打ち方を、まずはマスターしてみましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:フォアハンド

このページの先頭へ