テニス上達法

テニス初心者の方の為のサーブ練習方法

テニスを始めたばかりのテニス初心者の方でサーブがうまくいかず思わず挫けそうになることだろう。

しかし、挫けてしまう前にまずはサーブの練習方法を再確認してみてはどうだろうか。

サーブの練習方法を再確認する事でうまくいかなかった原因が明らかになるかも知れないし、サーブ成功に繋がるかも知れないので是非お勧めしたい方法である。

 

ここでテニス初心者の方の為のサーブ練習方法をご紹介したいと思う。

 

【1】

まずはボールだけを持ち、肘を伸ばして高く真っ直ぐに投げてみよう。

ネットを越える山をイメージして投げるといいだろう。

この練習方法を繰り返す事でラケットを振るときと同じ動きになっている事にお気づきになるのではないだろうか。

 

【2】

サーブのスウィングをステップからフォロースルーまで段階分けをするという練習方法もある。

例えばステップのみの場合は、左足に右足を寄せて膝を曲げて腰を捻るという動作を繰り返し、段階分けの練習がクリアすれば、実際にボールを打ってみるという練習方法である。

ボールを打つ際にはできればテニスコードで練習する事をお勧めしたいが、テニスコートが確保できないようであれば、壁打ちで練習しても問題はない。

 

以上2通りの練習方法をご紹介させて頂いたが、上記の練習方法に基づいてサーブの練習方法を再確認してみてはどうだろうか。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:テニス初心者

このページの先頭へ