テニス上達法

テニスのサーブでコンチネンタルグリップを使う理由

コンチネンタルグリップと言えば、ボレーでよく使われるが、もちろんボレーに限らずスマッシュやサーブ、スライスショットなど多岐にわたって使う事ができる言わばオールマイティなグリップと言える。

さて、サーブの際にコンチネンタルグリップを使うテニスプレーヤーはプロアマに問わず非常に多くテニス初心者の方などもコンチネンタルグリップから教わることが多いと聞く。

サーブの際にコンチネンタルグリップを使う理由はプロネーションを使って打つ為だと言われている。

サーブを打つスピードも安定している為、特にプロのテニスプレーヤーには多い。

サーブに限らずテニススキルを上げたい方には是非コンチネンタルグリップをお勧めしたい。

しかし、コンチネンタルグリップの握り方を間違っているとテニススキル向上以前に「コンチネンタルグリップとは相性が悪い」という間違った認識を持ちやすくなるので、正しいグリップになっているかどうかの再確認は必要である。

 

最後になるが、サーブのグリップはコンチネンタルグリップである。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:サーブ

このページの先頭へ