テニス上達法

テニスにようやく慣れつつある人はバックハンドストロークが苦手!?

テニスに於けるストロークとは「打つ」ことである。

特にテニスを習い出してようやくテニスに慣れてきた人などはバックハンドストロークを苦手とする人も多いそうである。

バックハンドストロークを苦手とする理由として習得するのに時間がかかり打ちにくく体を動かしにくいなどが挙げられる。

バックハンドストロークが苦手なままだとテニスの試合に出場したときなど集中攻撃される恐れがあり、ここは苦手意識を捨て基本から練習することで徐々に慣れていくしかないだろう。

 

バックハンドストロークの基本はグリップから始まると言っても過言ではなく、コンチネンタルグリップという包丁を持つ感覚で握る持ち方が基本である。

次に打点だが、両手打ちと片手打ちによって若干異なるが、上体の位置によって打点が決まる。

例えば両手打ちの場合は体の真横で打ち、片手打ちの場合は体の横より少しだけ前で打つという方法だ。

片手打ちにするのか両手打ちにするのかは個々の相性ややりやすさである。

最後にフォーム。

軸の焦点が定まっている事もさることながら、足を広げた幅が肩幅と同じくらいにし膝を少しだけ曲げ体を横にして打つ事がテニスの基本フォームであるが、バックハンドストロークの場合は、右足を少し前に出した方が打ちやすいとされる。

 

テニスに限らずどんなスポーツでも苦手なものというものはつきものである。

しかし、苦手なままにしていては試合などで不利になる場合が多いので少しずつ克服していくしかないだろう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:バックハンド

このページの先頭へ