テニス上達法

試合で練習を活かすには試合形式練習をやろう

テニスダブルスの試合で、練習通りにプレイできないということありますよね。

パートナーと戦略を考えたのに、実践するチャンスがなかなか来ない。

練習では上手くスマッシュできるのに、試合になると全然ダメになってしまう。

 

その理由の一つとして挙げられるのが、経験不足です。

 

誰よりも多く練習している人でも、初心者のうちは試合経験が少ないと言えます。

ですから、練習に試合形式練習をできるだけ多く取り入れることがダブルスでの上達のコツと言えます。

 

スクールや学校の部活では、どうしても技術面の中心に練習することになります。

試合が近づくと、試合形式練習が増えてくる所もあるでしょうが、日頃から取り組んでいるところは少ないと思います。

 

上級者の中には、スクール以外に土日は近くのテニスコートで試合形式練習を個人的にやっているという人は多いです。

戦略・戦術・ポジション・フォーメーションなどを頭ではなく体に覚えさせるよう練習していきます。

1セットでも多くの試合経験を積んでいきましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ダブルス

このページの先頭へ