テニス上達法

ダブルスフォーメーションには雁行陣と平行陣があります

テニスダブルスのフォーメーションは大きく分けて、雁行陣と平行陣の2つがあります。

 

雁行陣は、前衛と後衛に分かれるフォーメーション。

基本的に前衛は攻撃、後衛は防御の役割があります。

もちろん試合の流れで前衛が守ることもありますし、後衛がストレートアタックなどで攻撃を仕掛けることもありますね。

 

基本は後衛のクロスラリーが続き、甘くなったボールを前衛がボレーで決めるという流れがあります。

ストレートに来たボールはしっかり前衛が処理します。

では、ストレートロブならどうなるかというと、もちろん前衛がスマッシュです。

ですが無理だと思った場合は、「お願い!」と後衛に任せポジションチェンジを行います。

後衛はストレートに返球し、ストレートラリーが続きます。

 

平行陣は、二人が並んでプレイするフォーメーション。

2人がサービスライン上にポジションを取る平行陣とベースラインでプレイする2バックと呼ばれる平行陣があります。

 

前衛・後衛という役割がありませんから、一人がコートの半分を担当します。

ポジションチェンジは基本的には行いませんが、フォローせざるを得ない時は素早くポジションを入れ替えましょう。

 

雁行陣と平行陣を極めると・・・

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ダブルス

このページの先頭へ