テニス上達法

テニスのサーブの球種である「スライス」と「スピン」の違い

テニスのサーブの球種は「スライス」「フラット」「スピン」「アメリカツイスト」「リバース」と様々である。

テニスのサーブの球種の中から「スライス」サーブと「スピン」サーブについてご説明したい。

まず「スピン」だが、名前のとおり回転している事を意味する。

つまり順回転の場合はトップスピン、逆回転の場合はアンダーバックスピンと呼称する。

「スピン」の特徴として縦にジャンプするのが特徴である。

「スライス」サーブについてだが、「スライス」とはテニスのサーブの球種だが、ゴルフなどでもよく耳にする名称である。

「スライス」は一言で言えば横回転であり、利き手に応じて曲がる方向が変わるもののジャンプした後に曲がるのが特徴である。

「スピン」と対になっている名称とも解釈できが実はそうでもないそうだ。

 

さて、テニスのサーブの球種の中から「スピン」サーブを選ぶか「スライス」サーブを選ぶかだが、どの球種を選ぶかはそれぞれの特色や相性によるところだろう。

「スピン」の場合はボールを縦回転にする為、テニス初心者の方には難しいとされているが、「スライス」はボールを横回転にし、テニス初心者の方には受け入れられやすいとされている。

 

最後になるが、「スピン」と「スライス」はボールの回転の違いであるという事とテニス初心者の方はまずは「スライス」から始められてみてはどうだろうか。

 

たった2つのコツがサーブを劇的に変える・・・

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:サーブ

このページの先頭へ