テニス上達法

テニスにおけるバックハンド・トップスピンのポイント

テニスにおけるバックハンドトップスピンとは、ボールを順回転させ、相手のコートで大きくバウンドさせる打法である。

 

テニスを始めたばかりの人にとっては高等技術のように思えてしまいがちだが、やはり練習を積み重ねることで慣れていくしかないだろう。

 

さて、テニスにおけるバックハンドトップスピンを克服するには、まずは、

実際に打ってみてラケットの位置がどこあたりまであるのか?

どのくらいグリップに力が入っているのか?

を実感することから始めてみてはどうだろうか。

 

そしてテニススクールに通っている人であれば指導者にチェックしてもらうという方法があるし、余裕のある人は自分のバックハンドトップスピンをビデオにとって客観視するという方法もあり、自分のどこに問題点があるのかを知る事で克服できる場合がある。

 

または、バックハンドトップスピンを克服する一環としてグリップを確かめるという方法もある。

 

ボールが飛んできた位置に応じて面がでるといいが、低いボールしか面を出す事ができない人もいる。

ボールの飛んでくる高さに左右されるのであればグリップに原因があるかも知れないのでグリップを確かめてみてはどうだろうか。

 

そして何よりのバックハンドトップスピン上達の近道はプロのテニスプレーヤーの試合を見続けることではないかと思う。

プロのテニスプレーヤーの試合を見続けることで発見できることや克服できる事は多々あるのではないだろうか。

 

バックハンドで思い切り振り切り相手のコートに突き刺すには・・・

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:バックハンド

このページの先頭へ