テニス上達法

テニスのバックハンド・スライスを上達させるには?

スライスと聞くとゴルフなどでよく耳にする言葉だが、テニスでもスライスという言葉を使う。

ちなみにテニスにおけるスライスとは、ボールにバックスピンを与えることでバウンドの低い滑るような打球を打つことである。

 

ここで、テニスに於けるバックハンドスライスの話をしてみたいと思う。

バックハンドスライスを上達させるにはどうすればいいのだろうか?

いくつかのポイントをまとめてみると次のとおりである。

 

【1】

体をなるべく回さないようにする。体を回さないようにするのはバックハンドスライスのみならずテニス全般の基本である。

【2】

「切る」ことを意識しすぎない。

「切る」ことを意識するあまり、インパクトポイントでミスしやすくなるからである。

バックハンドスライスを苦手とする人は「切る」事を意識しすぎるためだとも言われている。

【3】

水平なスイングを意識する

【4】

インパクトの瞬間のラケット面を垂直にするのがバックハンドスライスの基本である。

 

この他にもバックハンドスライスの練習方法として、テニスコートの反対側にいる相手にボール渡す際にトスを上げてラケットで打つことがあるが、同じ動作をスライスでやってみるという方法がある。

コートの反対側に届けばスライスは成功したことになる。

 

バックハンドスライスを極めると・・・

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:バックハンド

このページの先頭へ