テニス上達法

テニス初心者の方の為のスライスサーブ練習方法

テニス初心者の方にとってスライスサーブは比較的使いやすく、

テニス初心者の方にはとっつきやすいと言われている。

 

では、テニス初心者の方はスライスサーブの練習方法は

どのようにしていけばよいだろう?

 

まずはテニス初心者の方の為のスライスサーブを

イメージする方法から解説したい。

 

 

【1】

ラケットの面を上に向けて上下させながら羽根突きの要領でボールをつく。

 

 

【2】

次にラケットの面を上に向けたまま今度は右から左に振り、

ボールを上下させ、やはり羽根突きの要領でボールをつく。

 

以上の方法でスライスサーブをイメージしやすくなるのではないだろうか。

 

 

では、次にスライスサーブを実践してみよう。

 

スライスサーブとはボールに右斜め回転をかけるものであり、

打球は山型カーブとなりサーブが入りやすくなるのが特徴であり、

テニス初心者の方にも最適なサーブである。

 

それでは、スライスサーブの練習方法についてだが次のとおりである。

 

【1】

トスの位置はフラットより少し前になり、

ラケットを縦に入れ右側フレームからボールへスウィングする。

ボールの右横をキャッチするようにすると回転しやすくなる。

 

【2】

ラケットの面を斜めにし、右側から打点を入れる。

その際にストリングスの右から左へボールを滑らせるように気をつける。

 

【3】

ラケットの角度と打点を都度調節しつつ回転量とスピード調節していく。

回転量が多いほど大きく曲がるのがポイントである。

 

イメージしつつ実践でも練習していくほど

スライスサーブを使いこなせるようになるだろう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:サーブ

このページの先頭へ