シャラポワの活躍

マリア・シャラポワは、ロシア・シベリア地区で生まれの女子プロテニス選手です。
日本でもお馴染みの人気のある選手ですね。

シャラポワは、4歳の時からテニスを始め、2001年に14歳でWTAツアーにデビューしました。
その後2003年にはWTAツアー初タイトルを手にした後、ついに2005年には世界ランキング1位を記録しています。
そして2004年のウインブルドンでは、グランドスラム初優勝も獲得するという、十代の若さで輝かしい成績をあげました。

シャラポワは日本人のファンも多いと思います。
シャラポワがプロ転向後、初の優勝を飾ったのが日本であったことや、その後もいくつかの初タイトルを日本での試合で獲得しました。
そんなことからも、シャラポワと日本は深い繋がりがあります。
とても日本に縁のある選手といってもいいでしょう。

シャラポワのテニスには、ナブラチロワの存在がとても大きいといえるでしょう。
ナブラチロワがシャラポワの才能を見つけたといってもよいでしょう。

女子テニス選手の中でも技術のみならず、その容姿やファッションセンスの面からも大きな注目を集めています。

このページの先頭へ