テニスのバックハンドのコツ

テニスにおけるバックハンドのコツだが、はじめにバックハンドスライスについて挙げたい。

バックハンドスライスのコツはテニスにおいて範囲が広く、コンチネンタルグリップで持つとよいとされる。

是非マスターしたほうがいいだろう。

次に鋭いスライスを打つには体を回転させないように注意することであり、手首を固定させる事もポイントである。

 

両手バックハンドのコツについてだが、トップスピンを打ちたい人は両手バックハンドを使うといいだろう。

グリップの握り方はコンチネンタルグリップにするのがコツであり、そうすればグリップチェンジをしなくても片手でバックハンドスライスをしていてもとっさに切り替えることができる。

テニスの試合などでとっさの切り替えができるとプレイしやすいのではないだろうか。

次にテークバック時はボールを打つ面を上にしないように気をつけよう。

ハードヒットは体をねじった上体でテークバックし、右利きの人は左側に壁を作るようにし、壁を作る際には軸足(右利きの人は左足)に気をつけるといいだろう。

最後に鋭くラケットをフィニッシュするにはラケットを振ってから右側に壁を作るようにし、その際に右足を意識するのがコツである。

軸足を意識することはテニスの基本であり、軸足がバランスを整え臨機応変に動く事ができるからである。

バックハンドもそうだが、テニスのコツはまず軸がぶれないようにするところからかも知れない。

 

このページの先頭へ