テニスに於けるサーブの基本

テニスに於けるサーブの基本は腕のスウィングにある。
サーブの基本である腕のスウィングをどのように鍛えていけばよいのだろうか?

腕のスウィングは、「うちわ」を扇ぐイメージであり、
うちわで顔を扇ぐ動作はサーブのスウィングと通じるものがある。

サーブの練習をする際にはまずは
うちわを扇ぐイメージをしながら腕をスウィングしてはどうだろうか。

そしてラケットを短く持ち、うちわを扇ぐイメージでボールを
打ってみるとボールが前に飛ぶ事を実感することができる。

そして少しずつラケットを長く持ち変えボールを強めに打つようにし、
ボールを地面に強く叩きつけることができればスウィングは成功したと言える。

最後に打点の取り方だが、確かにテニスでは打点は大事かも知れないが、
テニスを始めたばかりの人やようやくテニスに慣れつつある人はそこまで打点を意識しなくてもよい。

なぜならスウィングの基本が出来ていれば相対的に打点は高くなるからである。
テニスを始めたばかりの人やテニスに慣れつつある人は
スウィングの基本が正しくできていれば低い打点から練習しても
繰り返し練習を重ねることで自然と打点が高くなるので問題はない。

打点の高さよりもむしろスウィングの基本を重点におくべきではないだろうか。

最後になるが、サーブの基本はまずスウィングありきと言っても過言ではない。
スウィングを制する者はサーブを制するということだろうか。

このページの先頭へ