テニスに於けるサーブの前提はグリップと手首にあり

テニスに於けるサーブの大前提はグリップにある。
サーブのグリップはひとつ、コンチネンタルグリップのみである。
ここで気をつけたいのは手首を曲げずまっすぐ持つ事であり、手首を曲げないように留意したいものである。
手首を曲げてはいけない理由は、ボールを打つスピードが劣ってしまうからである。
しかし、ラケットをまっすぐ持つのかというとそうではなく、腕とラケットに角度をつけることがポイントであり、スウィングスピードを高めることができる。
グリップは手首をまっすぐにすることがサーブのグリップの基本である。
ところで、サーブの基本として「手首をやわらかく」と言われるが、プロのテニスプレーヤーを見ると手首に力が入っている印象が強い。
何故、プロのテニスプレーヤーは手首に力を入れているのだろうか?
それは速いサーブを打つためである。
サーブの基本は手首をやわらかくが基本なのに何故?とお思いになるだろう。
プロのテニスプレーヤーのサーブは手首が伸びきらないように力を残しているからであり、そのほうがスピードを増すからである。
ゆえにプロのテニスプレーヤーは手首の形をキープすることを意識している。
それは形を保つこと、つまり角度を保つことでスピードアップできるからである。

サーブの前提はグリップと手首なのだが、角度を保つという点では共通しているのではないだろうか。

このページの先頭へ