テニス フォアハンドの手首の動きと位置

テニスをプレーするうえで、フォアハンドの手首の動きや位置は非常に大事です。

手首だけで回転をかけようとすると、怪我や故障の原因にもなりかねません。

手首を動かして打ってしまうことで、痛めてしまう場合があるので、手首の動きには注意が必要です。

 

テニスをしていると、手首は動かさない。という指導をよく受けると思います。

手首を固定して腕全体を使ってスイングすることによって、アウトを防ぐということにも効果があります。

フォアハンドのスピンをかけるうえでも有効です。

 

手首が反り返っていたり、手首が前に突き出ている状態では正しい打点を見つけることも出来ないので、

手首の動きや位置はとても大事になります。

腕全体でボールを打つように心がけるといいですね。

 

しかし、最近のプロプレイヤーを見てみると、手首を使って打っている場合も多々あります。

手首を必要以上に固定しすぎるのもよくないのかもしれません。

その状況に応じてうまく使い分けるといいのかもしれませんね。

 

このページの先頭へ