ダブルスではパートナーとしっかり作戦を立てよう

テニスダブルスの試合に挑む時、パートナーと作戦を立てていますか?

「練習通りやろう!」では、少々パートナーとのコミュニケーション不足が感じられます。

 

作戦の基本は、まずポジションの確認です。

習った通り、練習通りのポジショニングで試合にかてるでしょうか?

あなたの得意手・不得意手、パートナーの得意手・不得意手を考慮し二人にとって最適のポジションを話しあわねばいけません。

苦手をカバーした上で、オープンコートを作らないフォーメーションを考えましょう。

 

ポジションを確認できたら、二人のテニスレベルに応じた戦略を考えましょう。

得意の決め球はどのような状況で打てるのかと勝つことを考えるのも大事ですが、いかに守りを固められるかも大事。

 

試合ではチャンスに繋げるためのつなぎ球が大切になってきます。

自分たちが考えた作戦を実行できるかは、つなぎ球をミスなく確実に打てるかどうかにかかっています。

また、ピンチの時の逃げ球も大切な作戦ですよ。

 

パートナーと上手くやるなら・・・

 

 

このページの先頭へ